2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アソパソパソ&ドラえもん

1 :貞子 ◆PN/v4CYv.c :04/04/02 13:00 ID:5JbRCZ1G
結局のところアソパソパソとドラえもん・・どっちが強いのか!!!
変態アンコ野郎アソパソパソと、ガイキチ猫ロボドラえもん!!今最狂の男達によるバトルが始まる!!
   /     \     ________
   /    /=ヽ  \   /
  |     ・ ・   | <みてんじゃねーよ。糞!
  |     )●(  |  \________
  \     ー   ノ   |
    \____/  
     ____
     /∵∴∵∴\
    /∵/∴∵\∵\
   /∵<・>∴∴.<・>∵|
   |∵∵/ ●\∵∵|   
   |∵ /三 | 三|∵ | 
   |∵ |\_|_/| ∵|  tanasinn
    \ | \__ノ  |/  
   /.∴\___/




2 :マロン名無しさん:04/04/02 13:08 ID:???
アンパンマンはアソパソマソと言ってるのに
ドラえもんはひねりも何も無いのがうけるww

3 :マロン名無しさん:04/04/02 13:08 ID:???
━━━━━━━━━━━━━━━終了━━━━━━━━━━━━━━━

4 :マロン名無しさん:04/04/02 13:26 ID:???
forget【[他]忘れる、思い出せない】


記憶か、命か。
少年は選択を迫られた。
記憶を取れば、そこに待つのは確実な死。
命を取れば、生き長らえることはできるが、今までの思い出が失われてしまう。
そりゃあ、そんなの決まっている。どちらかと問われれば、誰だって命を取るしかない。
だが、消えてしまうのだ。
少女達との煌く想い出が、全てなかったことになってしまうのだ。
少年は苦悩した。
そして、決断した。
――少女達は、それを受け入れた。
「今までありがとうございます……。もう、覚えていて欲しいとは……言いません」
かすみゆく視界の中、少女が微笑んでいた。涙を浮かべていたかもしれない。
「でもわたしは忘れません……わたしは……忘れませんから……」
少年は、瞼を閉じた。
再び彼が目を開いたとき、そこには何が待っているのだろうか?
それは誰にもわからない。
この先の物語は、今、ここから、彼等自身が紡ぎ上げていくのだ。

――I'll never 4get you...

5 :マロン名無しさん:04/04/02 13:31 ID:???
ttp://asame.web.infoseek.co.jp/sakan.html
↑いいか!勝ち負けなんかより大事なモンがあるんだ!!!

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)