2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

さくらキモい!!髪型変!!

1 :※@※:03/06/02 16:39 ID:dwzIL8oO
ぶりっこでつか?

2 :CC名無したん:03/06/02 16:44 ID:EzLwOOzQ
糸冬 了

3 :CC名無したん:03/06/02 16:46 ID:67lrus+N
あふぉ毛がいいんじゃねえか!>>1氏ね!!


4 :※@※:03/06/02 17:32 ID:dwzIL8oO
きもっ

5 :CC名無したん:03/06/02 17:34 ID:ATWcpSL0
っもき

6 :CC名無したん:03/06/02 17:39 ID:Ue5UV0Oz
すげーサイト見つけた!
http://f8.cool.ne.jp/death.htm

7 :※@※:03/06/02 17:55 ID:dwzIL8oO
さくらって胸ないくせにでしゃばんな



8 :CC名無したん:03/06/02 18:17 ID:gZcgoH4X
さくらたんを馬鹿にする>>1は逝ってよし!!

9 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

10 :CC名無したん:03/06/02 18:30 ID:Ue5UV0Oz
>>1http://icelake.hp.infoseek.co.jp/anime/one.swf←のフラッシュをみてくれ

11 :CC名無したん:03/06/02 18:30 ID:3LfshQQP
つまんね〜煽りでも、反論せずにはいられないさくらたんオタ…










ヽ(`Д´)ノサクラタンヲケナスヤシハシネ!!

12 :CC名無したん:03/06/02 18:31 ID:O3LcFyXs
♪あーふぉ毛あふぉー毛だいじな毛〜
♪みらいを目指す〜きぼうの毛〜

13 :CC名無したん:03/06/02 18:35 ID:sufoPEiA
アホ毛のルーツってさくらたんでFA?

14 :CC名無したん:03/06/02 18:55 ID:ugaWr7qx
>>8
ワラタ
これからもさくらをよろしく頼む

15 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

16 :CC名無したん:03/06/02 19:37 ID:KpPDVXU4
ぶりっことはまた古い言葉を・・


とつっこんでみるテスト

17 :CC名無したん:03/06/02 19:40 ID:O3LcFyXs
>>13
有元美保「もてもてねーちゃん」だと思う。

18 :※@※:03/06/02 19:42 ID:P1IaW9Tl
さくら好き=炉リでおk?

19 :※@※:03/06/02 19:49 ID:P1IaW9Tl
さくらー!!!!!!!!!!!!!!!見ててばからしくなんねーか??

20 :CC名無したん:03/06/02 20:26 ID:btZjA0VM
つまんねー煽り。プッ

21 :CC名無したん:03/06/02 21:09 ID:8KGOLh9j
>>1は幼女。

22 :CC名無したん:03/06/02 21:23 ID:1XPfTolJ
ほじくり出せやヴォケ!
http://www.intership.ne.jp/~mcity/matsudo/forest21/album/original/027.jpg
http://www.gazo-box.com/wara/img-box/img20030601200909.jpg

23 :動画直リン:03/06/02 21:26 ID:DCxKclKA
http://homepage.mac.com/hitomi18/

24 :CC名無したん:03/06/02 21:32 ID:1ov9VW4e
>>22
蓮コラ PC無害 閲覧注意。

25 :ΣU゚∀゚;U:03/06/02 21:39 ID:38v+j/mA
(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

26 :※@※:03/06/02 22:16 ID:P1IaW9Tl
いい加減氏んでくれ!!さくらさくらって・・・おまいら・・日本の将来真っ暗

27 :CC名無したん:03/06/02 22:17 ID:Pj1QMv0W
最近>>22みたいなのよく見るけど、
どうやって作ってるの?

28 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

29 :sage:03/06/03 14:22 ID:d1VOyIVf
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/sakura/1054551316/l50

30 :※@※:03/06/03 17:05 ID:gC/Rj4Tp
age


31 :山崎 渉:03/07/15 11:37 ID:lykpZgY2

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

32 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:54 ID:ION3B8LX
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

33 :CC名無したん:03/08/11 11:54 ID:TSjsiqK4
>>26
ドイツにカエレ

34 :山崎 渉:03/08/15 22:06 ID:AJrGutei
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

35 :山崎 渉:03/08/15 22:44 ID:AJrGutei
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

36 :CC名無したん:03/10/06 23:58 ID:1pn1rbBA
1の母でございます。
このたびは、息子がこのようなスレッドを立ててしまい、
皆様には大変ご迷惑をおかけしております。深くお詫び申し上げます。
息子は幼い頃に父親を亡くし、そのショックで内気な子供になって
しまいました。そのせいか、小・中学校ではいじめにあっていたのです。
この年になるまで、恋人はおろか友達さえもいないようで、大変心配
いておりましたが、この2ちゃんねるというサイトを知って以来、息子も
少し明るくなったようです。「今日○○板でね、ドキュソがさあ…」
と、とても楽しそうに夕食の時に話してくれるのです。
どうぞ皆様、息子を暖かく迎えてやってくださいまし。本当は良い子なんです。
よろしくお願い申し上げます。
                              1の母より

37 :CC名無したん:03/10/07 00:22 ID:pMfxqIpq
★木之本桜さんを揶揄した番組が打ち切り

・木之本桜さんを揶揄(やゆ)した番組が放映されたとして、テレビ局に
 日本大使館などが抗議していた問題で、テレビ局側が番組の放送を打ち切った
 ことが わかりました。

 番組はハンガリーの民放「TV2」が今年3月から放送していたものです。黒い髪の
 かつらに分厚いめがね姿で、木之本桜さんを装ったリポーターがゲストにインタビュー
 するという内容で、現地の日本大使館や日本人社会が「日本への偏見を招く」として、
 テレビ局側に強く抗議していました。
 
 抗議を受けてテレビ局側は今年5月、 番組を3カ月間休止し、 内容を変更した上で
 9月から再開する方針を打ち出していました。しかし、今月に入って日本大使館に
 対し「秋の番組編成には入れないことになった」と、 連絡してきたということです。
 
 大使館の担当者は「番組中止の正式な連絡はないが、日本人からの反発が強く、
 番組を打ち切らざるを得なくなったのではないか」と話しています。
 http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline827024.html
 ※URLは変更される場合があります。


38 : ◆kXwSWWCKCE :03/10/22 19:44 ID:oklGJ71r
x

39 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/02/09 18:53 ID:RqiD9bKC
さくらちゃんが遊びに来たので、WOWOWで録画しておいた妄想代理人を一緒に見た。
ローラーブレードを履いた小学生が金属バットで通り魔をするアニメだ。
「ほえ〜。妄想代理人って妄想さんの後見人の事かと思ったよ。妄想さん、禁治産者だから」
次の瞬間、俺はさくらちゃんの髪を掴むとソファーから引きずり落とした。
「ほえっ!」
「てめぇ、俺がキチガイだと思ってバカにしているだろ」
「ご、ごめんなさい。冗談のつもりで・・・」
「悪い子だ。お仕置きするしかないね」
俺はさくらちゃんのスカートをめくり下着を脱がす。そしてプラスチック製の定規を取り出すと、白い小さいお尻に叩きつけた。
バシッ!
「きゃっ!」
「どうだ。痛いか?だが、俺が心に受けた傷はこんなものじゃないぞ」
バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!・・・
何度も定規を叩きつけるうちに、さくらちゃんのお尻は真っ赤に腫れ上がりやがて血が滲み出した。
「うえ〜ん、ごめんなさい。許して・・・許してください」
「泣けば許してもらえると思っているのか」
怒りの収まらない俺は、さくらちゃんの髪を掴んだまま外に出た。
外に出ると明らかに日本人ではない集団が歩いていたので声をかけ立ち止まらせた。
「おい、そこのお前等。エラのはっているお前等ですよ」

40 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/02/09 18:55 ID:RqiD9bKC
「な、なにニダ。ウリ達は不法入国なんてしていないニダ」
「そうニダ。謝罪しる」
口々に訳のわからない事を喚きだしたので、面倒になった俺はさくらちゃんの服を引き裂き裸にすると、連中の前に突き飛ばして言った。
「すいません。ごめんなさい。この娘の身体で償わしていただきます。つか、犯していいぞ、不逞鮮人どもめ」
「マンセー」
キムチ臭い息を吐きながら、連中はさくらちゃんに群がる。
「い、痛い。痛いよぅ、抜いてよぅ」
「この日帝の娘は処女ニダ。ウリたちの祖先が受けた痛みを思い知るニダ」
あはははは。さくらちゃん、朝鮮人にチンコ突っ込まれて流血しているよ。すっげー笑える。
「そういえば、さくらちゃん。先月、初潮を迎えたんだよね。うまくいけば、妊娠しちゃうかもね。どこの誰かもわからない、通りすがりの朝鮮人の子供をね。あはははは」
「いやだ、いやだよぅ」
朝鮮人に犯され、泣き叫ぶさくらちゃんを置き去りにして俺は家に戻った。
アニメの続きも見なくっちゃいけないからね。
ぎゃはははは。だ〜い〜こ〜ん〜。

41 :CC名無したん:04/02/09 19:10 ID:RqiD9bKC
「精神病棟の天使たち」
これは精神病院に入院している、ある一人の男の日記です。
舞台が舞台なだけに、殆どの登場人物がキチガイです。
キチガイの書くキチガイ達の日常ですので、キチガイみたいな内容になるかもしれませんが、キチガイなので大目に見てあげてください。
だってキチガイなんだもん。


▼登場するキチガイ達の紹介▼
■妄想
この日記を書いている人。真性のキチガイで痛風持ち。
自称、元首都警察の上級刑事でケルベロス騒乱に関わったと言っている。
多分、キチガイの妄想。公安が監視をする為に強制入院させたと思い込んでいる。
痛風のくせにモツとかアンキモとかカニ味噌とかウニが大好き。
現在、禁煙中なので、目の前で煙草を吸うとひきつけを起こして暴れる。
■フォルテ・シュトーレン
アル中で脳細胞が破壊されてしまっている。
酔って銃の乱射事件を起こしたことがあるが、キチガイ認定されたため無罪。
でも、二度と病院から出ることは出来ないらしい。
■蘭花・フランボワーズ
ホームレスに集団暴行を受け精神に傷を負う。
看護婦さんの目を盗んではリストカットをしようとするので、病院からも要注意患者としてマークされている。
実は妄想とは異母兄妹なのだが、本人達はその事を知らない。キチガイですからな。
■ミルフィーユ・桜葉
いつもニコニコしている明るい娘。
悪い娘じゃないので、病院からも他の患者からも好かれている。でも、キチガイ。

42 :CC名無したん:04/02/09 19:12 ID:RqiD9bKC
■ミント・ブラマンシュ
自分が金持ちで名門の出身だと思い込んでおり、変な服を着る癖がある。
年齢に不相応な体型で、多分フリークス。
■ヴァニラ・H
自閉症で感情が皆無に等しい。対人恐怖の為、ノーマッドという人形で腹話術会話をする。
怪しい宗教にもはまっているらしい。
■うさだヒカル
つきあっていた男の子供を妊娠したが、逆上した男に腹を蹴られて流産した。ショックでおかしくなった。
■ピョコラ・アナローグ三世
自称、宇宙人で悪の首領。
家族同然だった仲間を惨殺され、地下室に死体と一緒に三ヶ月間監禁されていたのを救出された。
暴行と虐待も受けたらしく、犯人は依然逃亡中。通称ぴよこ。
■大道寺知世
親友の女の子がバラバラ殺人の犠牲となり、ショックで精神が崩壊した。
■木之本桜
故人。大道寺知世の親友でバラバラに解体されたあげく、饅頭の具にされた。
犯人はまだ捕まっていない。
■天狗様
俺は本当に見たんだって!!

43 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/02/09 19:20 ID:RqiD9bKC
今日から日記を書こうと思う。毎日、休まず書けるといいな。
それにしても、入院食は不味くて気が狂いそうになる。いや、もうキチガイなんだけどね。
あんな粘土みたいなハンバーグを食わされる身にもなってほしい。
口直しに病院の売店で惣菜パンとカップラーメンを買っていると、スリッパをペタペタ鳴らしながらミルフィーユさんがやってきた。
黄色いパジャマが似合っている。
「妄想さん、お買い物ですか?」
「うん、病院の食事が不味くて嫌になるよ。ステーキとかステーキが食べたいな。あと、ステーキとか」
美味い肉が食べたいとぼやいていると、売店のおばちゃんが世間じゃ狂牛病や鳥インフルエンザの所為で、肉不足が深刻化していると言っていた。
「狂牛病になった牛は食べられないのか。じゃ、狂人病になった人間もやっぱり食べられないのかな?」
そう言うとミルフィーユさんは少し困ったような顔をして、その場を離れていった。
俺がキチガイだと思ってバカにしているのか?
バーカバーカ、ミルフィーユのバーカ。お前の母ちゃん北京原人。

44 :フリッケ福祉員:04/02/10 00:49 ID:vugqhFmN
日記発見!
って、本当に入院してるのかYO!
がんばって、綺麗な体になって出てきてくださいな。
でも、ネットができる病院っていいですね。

45 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :04/02/10 01:22 ID:tmw36E2J
アクセス先とか監視されてないのかな?

46 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/02/10 19:44 ID:Kzjk0hxe
昼下がり、作業療法室の前を通ると、女の人が机に向かい、何かを磨いているのに気がついた。
何を磨いてるのか気になったので、声をかけてみることにした。
声をかけると女の人は少し怪訝な顔をしたが、しばらく会話をしているうちに、色々と自分の事を話し始めた。
名前は、フォルテ・シュトーレン。元軍人で退役時には中尉だったそうである。
体調を悪くしたので、軍を辞めて療養生活を送っているそうだ。
(体調云々は言葉を濁したが、まあそうだろう)
「わたしはいつか、軍に復帰するんだ。そのためにも銃を分解して、手入れをきちんとしておかないと」
しかし、彼女が磨いているのは、乾電池や蝶番といったガラクタばかりである。
後で他の人に聞いたのだが、アル中で脳が壊れてしまい、酒代欲しさに銃を乱射して逮捕された人らしい。
そして軍人でもなく、唯の銃マニア。
俺が現役の首都警だった頃に出会っていたら、迷わず銃殺していた事だろう。

47 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/02/11 21:48 ID:UUSrdzow
天気が良かったので表にある解放治療場へ出てみた。
ここの病院は重度の患者以外は比較的自由に行動出来るので良い。
ベンチに座り、魔法少女がカードを集めるという内容の漫画本を読んでいると、一人の老婆が近づいてきた。
話を聞くと、俺の読んでいた漫画は老婆の孫娘も好きで、真似をしていた事があるそうだ。
しばらく会話をしていると一人の少女がやって来た。
「婆や、こんなところに居たんですの。捜しましたわ」
背丈から小学生ぐらいだろうか。
頭に変な付け耳をしている事を除けば、落ち着いた物腰で育ちの良いことが分かる。
老婆の話していた孫娘が見舞いにでも来たのかと思ったが、二人の会話はかみ合っていない。
少女は老婆に「早く良くなって退院出来るといいですわね」、と言っていたが、その目は焦点が合っていなかった。

夕飯時、食堂でフォルテさんを見つけたので、同じテーブルに座り昼間の事を話してみた。
「ああ、ミントの事か。あの婆さんは実の祖母だよ。あいつ、自分が金持ちの娘で、婆さんの事を婆やだと思い込んでるらしい。ミントの奴、頭いかれているんだよな」
カレーを食べながらフォルテさんが答えた。
つまり、彼女・・・ミントさんはここの入院患者で、見舞いに来ていたのは老婆の方だったという事か。
おまけに、年齢は16歳。しかも夜中になると妙な扮装をして院内を徘徊しているそうだ。

その夜、俺は病院の中を走り回るカードキャプターを見た。
青い髪をしたその少女が大道寺知世と出会い、更なる悲劇を呼ぶことを俺はまだ知らなかった。

48 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/02/12 22:44 ID:zPXaKtzI
少し肌寒かったが解放病棟と閉鎖病棟の間にある中庭まで散歩に出かけた。
病棟に挟まれたこの場所には、小さな噴水、花壇、木々の植え込みがあった。
俺以外には誰も居らず、妙にひっそりとした雰囲気が漂っている。
嘗ての戦いの日々、その現実が遥か彼方の国の出来事で、全てが幻想の産物であったかのように思えてくる。
銃を取り地獄の業火に身を投じる、その日は再び訪れるのだろうか。
噴水の片隅に座りこれからの事を考えていると、閉鎖病棟の二階の窓際に誰かが立っている事に気が付いた。
「女・・・か」
長袖の、少しサイズが大きいシャツを着ているが、その上からでもスタイルの良い事が分かる。
何処かで逢った事があるのだろうか。
少し懐かしい気がする。
長く伸ばした金髪が、窓から差し込む陽の光を受け輝いているのを見ていると、何故だか心臓の鼓動が速くなった。
話をしてみたいと思ったが閉鎖病棟に入ることは出来ない。
窓の下に向かい歩いていくと、俺は上を見上げた。
しかし、彼女が俺の存在に気付く事は無かった。
どんよりとした彼女の目には何も映っておらず、ただ遠くを見つめているだけで、心はここに在らずといった感じだ。
しばらくその場所で彼女を見ていたが、時間ばかりが過ぎ去って行くだけだった。
俺は解放病棟に戻る事にした。

夕飯になり、フォルテさんに彼女の事を尋ねてみたが、閉鎖病棟には行った事が無いので知らないと言われた。
一ヶ月前、閉鎖病棟に居た事は記憶に無いのか・・・
これだからキチガイは。

49 :CC名無したん:04/02/13 22:02 ID:A5dAV8cN
妄想たん生きてたのか

50 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/02/13 23:05 ID:7UM0ilxo
今日は薬の所為で一日眠っていた。


51 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/02/15 19:41 ID:AsfgyN7O
外出許可が下りたので出かけることにした。
久しぶりの外界。
外に出ると、立ち食いソバ屋で軽く食事を済ませ、病院で読む本を買うために書店に入った。
十分に吟味してから、小説を5冊ほど買った。
深川丼が食べたかったが、この辺には食べられる店は無い。
今度、浅草にでも出かける事があったら食べてこよう。
病院に戻る途中、量販店に入ると、焼き鳥、さくら肉、かきスモーク、おでん、スパム、ビーンズ&ウインナー、ハム、イカの煮物、コンビーフポテトなどの缶詰を購入。
俺は缶詰大好き人間なのだ。
そういえばずっと以前、ケルベロス騒乱の篭城戦の時だったが、パンの缶詰を食べた事がある。
あまり美味いものとは言えなかったが。
まあ、パンは病院の売店でも買えるから問題は無いだろう。
フォルテさんはおでんが好きだと言っていたから、お土産として多めに買うことにした。
彼女は外出許可が下りないうえに、身内もいないので色々と不便が多いそうだ。

52 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/02/19 21:00 ID:dWKzaSy8
ここ数日、日記を書いていなかった。
もっとも、薬を飲んで寝ているだけだったので特に記すことも無かったのだが。

久しぶりに談話室に行ってみると、フォルテさんの横でミルフィーユさんが泣いていた。
何故だかミルフィーユさんはジャージ姿だ。
「ったく、いいかげん泣き止めよ」
「えうう〜。でも〜、でも〜」
いじめ?
元首都警の俺としては黙って見ている訳にはいかない。
俺は二人に近づくと、フォルテさんに言った。
「こら!いじめはいけませんですよ。だめですよ」
「はぁ?何を言っているんだ」
フォルテさんが少し怒ったような顔で言う。
どうやらフォルテさんがミルフィーユさんをいじめていたのではないらしい。
「それじゃあ、どうしてミルフィーユさんは泣いているの?」
一体何があったのか訊ねたが、ミルフィーユさんは泣いてばかりで答えてくれない。

53 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/02/19 21:01 ID:dWKzaSy8
しばらくミルフィーユさんの泣き声だけが響いていたが、この場の雰囲気に耐えられなくなったのかフォルテさんが口を開いた。
「実はミルフィーユの奴・・・」
「あ〜、言っちゃだめです。言わないでください〜」
ミルフィーユさんは腕をパタパタと振り回し、顔を真っ赤にして静止しようとしたが、フォルテさんは無視して言った。
「ミルフィーユの奴、おねしょしちゃったんだと。ったく、いい年して」
「えうう〜。だって〜、だって〜」
なるほど。それでミルフィーユさんはパジャマじゃなくてジャージを着ていたのか。
どうやら寝る前にジュースを沢山飲んだ所為らしい。
睡眠剤も飲んでいるから、トイレに起きられなかったのだろう。
ここは一つ慰めてやるしかない。
「ミルフィーユさん、くよくよするなよ。俺なんてこの歳でウンチ漏らしちゃった事があるんだぜ」
そう言った瞬間、フォルテさんとミルフィーユさんの表情が凍り付いた。
「わ、悪いが、わたしに近寄らないでくれるか」
「漏らしちゃったんですか・・・えんがちょです〜」
二人はそう言い残すと、談話室から出て行ってしまった。

何よ!酷いじゃない!!

54 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/02/24 20:54 ID:fZUQ9fBm
新しい患者さんが入院してきた。
名前が「うさだヒカル」という女の子だ。
通路ですれ違った時に挨拶をしたら、酷く怯えて走り去って行った。
俺が凶悪な犯罪者面しているからか?
と思っていたら、男の人に酷い目にあわされてから男性恐怖症になっているのだそうだ。
ミルフィーユさんが話し掛けると普通に会話をしていたし。
かわいそうに。口を聞いてもらえない俺が。
今度、ミルフィーユさんを通して小説でも貸してあげよう。
佐藤友哉の「フリッカー式」とか。

55 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/02/24 21:00 ID:fZUQ9fBm
夢を見ていた。
あれは俺がまだ幼かった日の記憶。
うだるような暑い夏の日、近所にある市営プールからの帰り道を、俺は全身汗だくになりながら歩いていた。
その後を、俺よりずっと幼い少女が付いてくる。
「おにいちゃん、歩くのはやい」
タオルや水着の入ったバッグを両手で抱きかかえるように持ち、早足で歩きながら少女は言った。
俺は少し意地悪をしてやろうと思い、小走りに駆け出した。
「あっ、おにいちゃんまって」
背後で少女が驚いたような声を上げたが、俺は無視をして走り続けた。
少女は必死に追いかけてくるが、俺との距離はどんどんと離れていく。
「あっ!」
突然、小さな悲鳴が聞こえたので振り返ると、少女が膝を抱えて道路に座り込んでいた。

56 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/02/24 21:01 ID:fZUQ9fBm
転んだのだろう。
さすがにやばいと思い、俺は少女の所まで戻ることにした。
「おにいちゃんのいじわる。だいきらい」
少女は涙ぐんだ目で俺を見上げると言った。
「ご、ごめん・・・〇〇(少女の名前を呼んだのだが、今は思い出す事が出来ない)」
俺は少女の、金色の髪を撫でながら謝った。
多分、かわいかったから意地悪をしたのだと思う。
少女が機嫌を直した頃には夕暮れが迫っていた。
その後、俺は少女をおぶさりオレンジ色の夕日の中を帰った。
「あのね、あたし大きくなったら、おにいちゃんのおよめさんになるの」
背中で少女が言った言葉を今でも覚えている。
だが、俺達が一緒に居られる時は長くは続かなかった。
爆音と硝煙、血の匂い。突然訪れた戦乱の時代。


気が付くと、俺は廃墟と化した街に一人でいた。
敗戦からの復興。首都治安警察への入隊。そして、警察内部での反乱。

飼い犬から野良犬へ。

俺が、あの少女に再び逢える日は来るのだろうか。

57 :CC名無したん:04/03/04 22:06 ID:isEHr6rn
 なんだか開放病棟のほうに首都治安警察の犬が入院してきたら
しい。全くキチガイというつにはあきれ返る。首都警だって?ま
ったく妄想も甚だしい。俺なんか知事で国会議員で現場監督で天
皇だ。 しかし俺がいる閉鎖病棟はあまりにも暇だ。そのうえ精
神病の薬を馬鹿みたいに飲まされているので眠くて眠くて仕方が
ない。一日に15時間は眠っている。全くどいつもこいつも人をキ
チガイ扱いしやがって。ちょっと包丁もってパチンコ屋で暴れた
だけなのに。
 暇なので、いつものように談話室にいた腹話術女をからかって
みることにする。この女は醜いぬいぐるみを腹に抱えて俺のこと
を挑発してくる。時々看護士の目を盗んで腹をグーで殴ったりし
ているが、露見することはない。
「ヴァニラさんになんてことを」
 その女が人形を使って看護士に抗議しても、
「あー腹話術上手だね」
 アハハハハハ
 もっとも看護士の連中も、それをいいことにヴァニラを連日輪
姦しているそうだが。ヴァニラはとにかく見てくれだけはいいの
だ。ちょっとロリ入ってるけど。

58 :CC名無したん:04/03/04 22:07 ID:isEHr6rn
 それはとにかく気晴らしを開始する。
「ああ、またおまえか、ヴァニラさんに何を」
「エイどリアン!」
 どすっ。ボディブローを一発。
 ヴァニラの腹は柔らかくて、殴るとなんだか破裂してしまいそ
うだ。
「ああ、ひどい、なんてことを」
 こいつはこうやって腹を殴っても全く腹話術をやめない。俺も
なんだかこの醜いピンク色の人形がしゃべっているような気がし
てくる。そして本人の声は神のご加護を、とか宗教的なことを言
っている。こういうところはちょっとした芸だ。
「エイどリアン、エイどリアーン!」
 今日の俺は絶好調。それから10分の間に、ヴァニラから3度の
ダウンを奪った。

59 :CC名無したん:04/03/05 23:48 ID:cEQOLNsR
 ここの連中は油断がならない。早く閉鎖病棟を抜け出したいのだが、
家族がそれを許さないだろう。俺はキチガイじゃあない。手術すれば
治るはずだ。とにかく、そんな油断のならない連中の中でDVDプレイ
ヤーを持ち運びするのは気が引けるのだが、日に一回はロッキーを
見ないと死んでしまうのでやむを得ない。アニメのDVDはもう買うのを
やめようと思う。スイートミントを最後に。
 
 ころころころころ… 


 俺が談話室でDVDを見ていると車椅子でランファが近寄ってきた。こ
の女もヴァニラと同じようにキチガイだが、ヴァニラと比べると少し饒舌
だった。正直なところ、俺はこの女が嫌いだ。今日も何かいいたげに俺
の後ろにやってきて、俺が見ているDVDの画面を覗き込んだ。
「あら〜またこんな映画見てるのぉ?もっとこう、恋愛モノとかないのぉ」
 癪に障る。今日こそはガツンと言ってやらないと。
「へっへ。これはこれは。ランファさん。へっへ」
 なんだかんだ言いながらもランファは俺が見ている映画が気になった
ようだ。

60 :CC名無したん:04/03/05 23:50 ID:cEQOLNsR
 ころころころころ・・・
 
 俺の横にランファが車椅子で身体を運んできた。アニメキャラだからって、
調子に乗りやがって。畜生。俺は少々乱暴な手段に訴えた。
 ランファが見やすいように、少しプレイヤーの画面を向けてやったのだ。
 そうこうしているうち、おれの一番大好きなシーン、ロッキーがアポロ戦に
備えてトレーニングをしているところになった。俺はこぶしを握り締め、ラン
ファのことも忘れて映画に没頭した。
 ♪ちゃら〜ら〜ちゃら〜ら〜
 おなじみのテーマ曲に乗って、ロッキーが激しく身体を動かす。
 ああ、俺もシャバに出たらがんばろう、キチガイ病院のことなんて忘れて、
ロッキーのように。ハングリー精神だ!
 そんな俺の純粋で熱い感情を打ち破ったのは、やはりこの女だった。
「なにこれだっさぁ〜」
「なにおう?」
「だって筋トレ、自重のほかはサイドレイズとバックプレスしかしてないじゃん。
それも50レップとかで。ボクサーに必要なのは三角筋の筋持久力だけなのぉ?
それにうさぎ跳びとかやってるよぉ?ひざ痛めちゃったらどうすんのぉ」
「・・・・・・・・・」

61 :CC名無したん:04/03/05 23:52 ID:cEQOLNsR
「音楽よ、音楽!音楽にだまされてんのよ。キャハハ!うすっぺら〜」
「おいてめえ!」
 俺は切れた。もう我慢できない。
「てめえふざけんなよ!アニメキャラだから今まで我慢してきたけどなあ!もう
ゆるさねえ!ムカついた。こんなにムカついたのは江川のドラフトの時以来だ!
ロッキーなめんなよ!問答無用なんだよ!」
「ええ?ばっかじゃない?だいたい脳内パワーリフターの癖して。悔しかったら
私が健常者だった頃くらいの重量挙げてみなさいよ。あ、脳内は結構よ」
「この三国人!ぶっ殺す!」
 がしゃーん!
 俺はランファを車椅子ごと放り投げた。ランファの悲鳴が聞こえたような気が
する。そうして、ランファの腰からかかっていた毛布がぱらりと落ちた。



 俺はよく知っていることだったが、ランファの胴体は腰から下のところがなか
った。床にへたり込んですすり泣くランファをほうっておいて、俺は再びDVD
に没頭した。

62 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/03/06 20:47 ID:4pZRPpCs
閉鎖病棟の窓から見えた金髪の女の事を考えながら喫煙所で煙草を吸っていると、通りがかったフォルテさんに嫌な顔をされた。
彼女は煙草が嫌いらしい。
昔、なにかあったのだろうか。
俺は煙草を揉み消すと、閉鎖病棟の見える中庭へと向かった。
しかし、どうでもいいのだが最近また太り気味だ。
入院させられるまでは、一日に一食しか食べなかったり不規則な生活を送っていたのだが、ここに来てからは毎日三食を食べているためだろう。
花輪和一の「刑務所の中」でも、刑務所に入れられると一日三食ちゃんと食事が出るので太る、といった話があったのを思い出した。
生活に困ると犯罪を犯し、わざと刑務所に入る馬鹿がいるのもうなずける。
俺が現役の首都警だったら、そんな不逞の輩は即座に銃殺して生きる苦しみから解放してやるのだが。

63 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/03/06 20:49 ID:4pZRPpCs
閉鎖病棟の前に来ると、この間の窓を見上げてみた。
だが、そこには誰の姿も見えない。
そうタイミングよく会えるわけがないか・・・
そんな事を思いながら、格子の入った病棟一階の窓を覗き込んだ俺は驚愕した。
談話室らしい部屋の中で、ピンク色の醜い人形を抱いた少女を殴っている男がいたのだ。
少女は表情一つ変えていなかったが、殴っている男は何か筋力のトレーニングを行っているらしく、太くたくましい腕をしていたので、危険な状況であることは一目瞭然だ。
俺は振り返ると閉鎖病棟の入り口に向かって走り出した。
あんな少女をグーで殴るなんて・・・キチガイめ!!
だが、俺にあの男を倒せるのだろうか。

64 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/03/06 20:51 ID:4pZRPpCs
http://marimo.sakura.ne.jp/~hanyan/uploader/img-box/img20040306204634.jpg

65 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/03/06 20:52 ID:4pZRPpCs
閉鎖病棟の入り口に辿り着き扉を開けようとしたが、鍵が掛かっているため扉を開く事は出来ない。
「ちくしょう!!開けろ」
扉を叩き叫んだが、騒ぎを聞きつけ駆けつけた看護士によって俺は取り押さえられた。
「放せ!奴を止めなくては・・・俺に手を触れるな!!」
腕にチクリとした痛みが走り、意識が遠のいて行く。
薬を打たれたか・・・
薄れていく意識の中、俺は先輩の刑事が言った言葉を思い出した。

「正義を行えば、世界の半分を怒らせる」

犯罪者に銃を向け処分する俺たち首都警こそが、治安を悪化させる悪の根元であり、犯罪を増加させる要因を作っている。
世論の広がり、首都警察への武装解除命令・・・
そしてケルベロス騒乱が起こった。

66 :CC名無したん:04/03/07 01:32 ID:RXIj+Aam
 暇だ。ヴァニラを殴ることにした。こいつの横っ腹のやわらかさ、壊
れやすそうな儚さは俺にとってとても扇情的だった。いつものように
醜いぬいぐるみを遠くに放り投げてボディをお見舞いする。
 ボグ!ボグ!
 廊下の支柱の陰に隠れているので他人からは見えない。
 ヴァニラはそれでもぼんやりとした顔を俺に向けているだけだ。
 痛い、とも言わない。
 俺が哀れだと。そういっているように見えるその深い瞳。
 と、口から血が伝ってきた。口の中を切ったのか、もしかすると内臓を
痛めたのかも知れない。
 ヴァニラの白い肌、口元を流れる血は美しかった。
 俺はヴァニラの顔に唇を寄せると、その血を首筋からなめあげて、呑み
干していった。
 ざらざらと鉄の味と、少女の頬。
 ヴァニラは不意に私に目を合わせた。
「おいしい?」
 俺は頷いた。
「おまえは俺が憎くないのか。おまえのことを殴ってばかりいるんだぞ。
俺は卑劣な男なんだぞ」
 首を振るヴァニラ。
「憎いも憎くないもありません」
 なんだよ、そう思うと外が妙に騒がしくなった。入口ががちゃがちゃ言って
いる。
「やれやれ誰かのお迎えかな」
 ヴァニラはわれ関せずといったふうで、ぬいぐるみを引き上げると
自室へと戻っていった。

67 :CC名無したん:04/03/07 23:52 ID:PFCTlnLi
 夜中にウンコがしたくなったのでトイレに向かうと、看護士た
ちが男子トイレでヴァニラを輪姦していた。いつものことだが。
 男たちの歓声と、時折ヴァニラの荒い息遣いが聞こえてくる。
 なんだか気まずいので物陰で事が終わるのを待った。
しばらくすると、看護士たちが男子トイレから集団で出てきた。
ヴァニラは出てくる様子がない。俺はどうでも良かったのだが、
取りあえずウンコがしたかったので中に入った。
 一番奥のトイレの扉が閉まっている。俺はどうでも良かったので、
一番手前の部屋に入って、パンツを脱いだ。ちなみに俺はウンコ
のときはズボンもパンツも前部脱いで、下半身すっぽんぽんになら
ないと出来ないのだ。
 やがて、かちゃり、と奥のトイレの扉が開く音が聞こえた。ぺたり、
ぺたりと力なくヴァニラが歩く気配がする。



68 :CC名無したん:04/03/07 23:53 ID:PFCTlnLi
「心貧しきものに」
 ヴァニラが何事かつぶやいている。
「神のご加護を。彼らを救いたまえ」
 はぁぁぁぁぁあっぁあぁぁああぁぁぁ?俺はむちゃくちゃに腹が立って、
気がつくと外に飛び出していた。
「おいこら人間便器!おまえ何偽善者ぶってんだよ!レイプされても
あいつらの幸せを祈ってんのかよ!アニメキャラにもほどがあるぞ!
ええおい!過ぎたるは及ばざるが如しって知ってるか?」
 ヴァニラは俺を覚めた目で見ている。醜いぬいぐるみを引きずって
いるが、そのぬいぐるみも今日は小声で。
「ヴァニラさんが、汚された、汚された」
 としか言わない。
「そこに直れ、町人。手打ちにしてくれる」
 俺はヴァニラの肩を掴むとトイレの個室に突き飛ばした。ちょうど様
式の便座に腰掛ける格好でヴァニラはへたり込んだ。
 すばやく俺は個室の両壁の上に手をかけると大またを開き、脱糞した。
 
 人間便器の誕生だ
 アハハハハハ

69 :CC名無したん:04/03/09 23:13 ID:dOhEwKDw
さくら
キモッキモッキモッキモッキモッキモッ

70 :CC名無したん:04/03/10 01:39 ID:arPK3yHo
 暇なのでだるまチャンコロと会話する。キチガイ、変質者、なめくじおとこ、
両性具有、ロリ、ペド、アニオタ、デブ等散々な罵倒を受ける。どうやらこの間
車椅子を転がしたことを根に持っているらしい。狭量な奴だ。
 こいつはダルマの癖にまだ乙女チックな(死語)妄想を抱いている。キチガイ
のキチガイたる所以だ。白馬の王子様とか、お金持ちのチョー美男子とか。
 アホか。おまえ自分の立場わかってんのか?
 こういうことははっきり言ってやったほうが本人のためだ。
「おいよく聞け淫乱チャイナ。おまえは白人が道端のチャンコロを強姦して生
ませた精子ん異常者だ。三国人がアホみたいな妄想偉大てんじゃねーよ。
大体おまえまんこついてないだろ?そんなんじゃ子供とか産めねえジャン。
よくてフェラチオマシーンだよ、フェラチオマシーン。まあ自分でやるよりまし
かなってとこだ。いいから死ねや」
 快活だったランファがぐったりと動かなくなり、涙を流すのを見て俺は満足した。
 おまえがいけないんだよ。この売女。

71 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/03/10 21:53 ID:wak7jFLa
やぁやぁ、うへへへへ。
こりゃフォルテさん、ご機嫌麗しゅうございます。
へぇへぇ、ちょいと色々ありまして、気が付いたら数日も眠っていたようです。
なんか無理やり薬を注射されたみたいで。
投薬される度に、頭がボケていくような感じで、気のせいですかね?
いや、しかし、すっかり春らしくなってきましたね。
こうポカポカ陽気がいいと、なんだか落ち着きませんですな。
なんせ、ほら、春の3Kって言うぐらいですから。
花粉症、交尾、キチガイの3Kですよ。
野良犬も場所をわきまえず盛っているのが見られますな。
うへへへへ、セクハラですって?
あ、こりゃ失礼しました。
えーなになに、うさださんが閉鎖病棟に移された?
リストカットを?
こりゃ大変ですね。
なにせ、ほら、閉鎖病棟はキチガイだらけだと聞きますし。
先日もキチガイがキチガイを殴っているのを目撃しちゃいましたから。
おや、看護士さん達がやって来た。
こりゃ皆さん、よいお天気で。
あれ?あっしの腕を掴んでどうしたんですか?
ちょっと、放して・・・やめて、うわああああ。
そっちは閉鎖病棟じゃないですか。
やめろ、放せ、アワアワアワ、エベエベエベ・・・

72 :CC名無したん:04/03/12 05:15 ID:22hKXiC8
 辛い。もう何回も、この世界をやり直している気がする。
ランファが健常者の世界や、ミルフィーユが淫売の世界など、
いろいろな世界があったがヴァニラさんは常に高潔な思想と
優しさを保ちつづけていたように思う。
 どんな世界でもヴァニラさんは素晴らしく、そうして暖かい。
ヴァニラさんの懐に抱かれているととても安らかな気持ちにな
る。
 僕はヴァニラさんに酷いことばかりしてきた。そのことはと
ても償いきれることじゃない。看護師たちにレイプされるヴァニ
ラさんをみて、僕は何もできなくなってしまったのだ。
 ヴァニラさんは彼らの行いを一切拒まなかった。そして、敏
感な粘膜を触られると声を出したり、呼吸を乱したりした。
 ヴァニラさんにも性感があるのだということは、僕を酷く興奮
させた。僕はひそかにヴァニラさんが犯されるのが楽しくなって
しまったのだ。


73 :CC名無したん:04/03/12 05:16 ID:22hKXiC8
 キチガイはいつもヴァニラさんを殴った。ヴァニラさんは血を
吐いたり顔をしかめたりした。僕はそのキチガイを罵ったが、
それよりも苦痛に顔をゆがめるヴァニラさんが美しくて。
 陶然としてしまうほどに彼女は美しい。
 ああ、好きです。ヴァニラさん。
 
 今日、閉鎖病棟に患者が何人か担ぎ込まれてきたらしい。
 暴力をふるうような奴だったらどうしよう。無茶なことを言う奴だったら?
僕はヴァニラさんを守ることができない。目の前で陵辱される
ヴァニラさんをただ見ているだけなのだ、自分の無力に絶望しながら。
ああ。それでも僕はヴァニラさんを愛している。

74 :CC名無したん:04/03/16 03:10 ID:raLEfIie
 ヴァニラさん、一体どうしてこんな野蛮な辺境の星の、
そのまた最悪な施設に収容されることを望まれたの
ですか?あの時あなたが望んでいればもっと素晴らし
い生活、いいえ、富や権力だって。なのにあなたは夜
毎、夜毎…。ああ、ヴァニラさん。私は手をもちません。
脚をもちません。あなたを愛しても、あなたを抱くこと
すらできません。けれど、あなたを愛している。私はも
う気が狂いそうです。ああ、あなたがこの星で相されて
いるように、わたくしも。高性能コンピューターであるこ
の私の脳も。ああ。
 
 ヴァニラさん、、また、口から血が。ああ、おいたわしい。
酷い、切り傷ばかりだ、早く手当てを。あ、ヴァニラさん!
ヴァニラさん!

75 :CC名無したん:04/04/07 01:35 ID:NELtfJ1t
続編をあまり期待せずに待つ。

76 :CC名無したん:04/04/15 19:10 ID:k47f+ZCj
妄想さんと入院きちがい(仮名)さんはもうこのスレを忘れてしまったのか。

77 :妄想 ◆GqVfLUITBY :04/04/24 23:12 ID:wRKYlAWO
>>76
今度、入院きちがい(仮名)さんと合同で小説系同人誌を出すことになったので
しばらくそっちに専念したいと思っていますです。

78 :CC名無したん:04/04/25 01:12 ID:zqPnWnAL
妄想たんと村田たんの同人誌かよ
買うよマジで

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)